ジャンル・商品選定

単価が低い案件は稼げない?アフィリエイトの常識は嘘・・・

投稿日:

サイトアフィリエイトで良く言われているのが

「単価が低いと稼げない」「単価が高い案件を選びましょう」

といったことです。

でもこれって、嘘だったりするんです。

もちろん一理あるんですが、僕が実際に経験したきた中で単価が低い案件でも稼げてきたことがあったのでその話を踏まえて説明していきます。

単価が低い案件でも稼げるパターン

まず単価が低い案件っていうとどのくらいかというと、

1,000円から2000円程度

ようは2,000円に届かないレベルですね。

素人目から見ると1000円と2000円ってそこまで差がないように思いますがめちゃくちゃ差があります。

というのも、例えば月に100件その案件をとった場合、1000円と2000円では10万円も差が出ます。

だから単価が5,000円とかまでいかないような案件だと余計に目に見えて差が出たりするんですよね。

大抵のアフィリエイターは3,000円以下だと「ちょっと単価が低い案件だな〜」って考えたりするもんですが、こういうのを考えるとわかりますよね。

でも。実は目に見えるわかりやすい単価だけでなく、「成約のハードル」っていうのが大事になります。

僕が実際にやっていた電子コミックというジャンルでいえば、単価2000円ないぐらいだったりするのですが、これだけで1日に20万とか稼いだことがあります。

普通だとまずありえないです。

でもその理由は明確で、成果地点のハードルが低いってことです。

スマホ特有の案件で、携帯からそのままキャリア決済が出来るんですよね。

だからユーザーからすれば、もし月額1,000円かかっても、「あ、支払いに1,000円上乗せされるだけな〜」っていう認識なんですよね。

冷静に考えたらクレジットカードの情報を登録して1,000円課金されるのと変わらないのですが、その労働コストがない故に、ストレスが少ないことが圧倒的な成約率に繋がります。

なので、こういった

 

・決済までのハードル

・成果地点のハードル(無料とか予約とか)

 

っていうものは単価と同じくらい重要な訳です。

 

多くのアフィリエイターは単価とEPCで見ている

あと単価の低い案件の良さは、多くのアフィリエイターが単価とEPCでふるいにかけているということです。

単価は説明はいらないと思いますが、EPCというのはクリックあたりの単価です。

ようはその商品がどれだけ割りに合う、稼げる案件かというのが一目でわかる指数のことです。

稼いでるアフィリエイターは外注などを使ってそういった案件をASPなどで調べてとにかく量産しているケースも多いです。(もちろん自分で作っているケースもあります。)

でもさっき言ったような単価が低くても、成果が出るまでのハードルが低い案件はざっと調べだとわからないことも多いです。

なので意外と、多くの人が知らないのに実際はその案件だけで月収100万以上稼げる案件っていのもあるんですよねー

(だからアフィリエイトは深いし、面白い)

 

まとめ

もちろん単価を目安に案件を選ぶことは大事です。でも慣れてくると成果が出るまでのハードルや決済のことなど見るようにするともっと幅が広がります。

キーワード選定、コンテンツ、被リンクなどアフィリエイトでは考える要素がありますが、「案件選定」っていうのもすごく重要です。

いまいち伸び悩んでるアフィリエイターは初心にかえって案件を新しい観点から選んでみてはどうでしょう?

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
なにわ

なにわ

31歳で、専業アフィリエイターです。
2014年にwebサイト運営を始め、2015年5月には月収110万円を達成。
現在はアフィリエイトの他にもyoutube運営、コンサル、自社オリジナルコンテンツ販売などを手掛けています。
⇒より詳しいプロフィールはこちら

-ジャンル・商品選定

Copyright© パニブロ|なにわのアフィリエイトで稼いだノウハウを吐き出すブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.