初心者でも出来る外部seo対策、被リンクの当て方!

外部seo対策は主に被リンクを自作自演で行うことです。

でも下手なやり方をしてしまえばペナルティを受けてしまいますし、かといって今でも効果があるのでやらないのはもったいないです。

この記事では、「被リンクを当ててみたいけどどうやったら良いかわからない」っていう初心者の人でも出来る外部seo対策について書いています。

簡単な外部seo対策とは?

いざ被リンクを当てようと思うと、

・何記事入ったサイトからリンクを当てたらいいの?

・文字数はどれくらい?

・何本当てれば良いの?

こういったことが気になって手が中々動かないって人が多いです。

でも実際はこれに正解はないので、まずは自分のやりやすい形で当ててみることです。

初心者でもできる簡単な方法として無料ブログを開設して、そこからリンクを飛ばす方法です。

無料ブログなら何でも良いですが、例えば

fc2ブログ、seesaaブログ、hatenaブログ、アメーバブログ、ライブドアブログ

などが有名です。

被リンクを当てたいサイトが「育毛剤に関するサイト」であれば無料ブログに育毛に関して自分が知っていることを記事にして、こちらが参考になりました。といった感じでリンクを貼ってあげると良いですよ!

被リンクを当てる時のポイント

被リンクを当てる時に注意したいのは、

・一度にいくつも当てない

・アンカーテキストをばらす

・同じIPから当てすぎない

最低限これぐらいは意識しておくと良いです。

一つ一つ説明します。

一度にいくつも当てない

被リンクを当てる時に、多く当てたいからといって一度にいくつも当てないようにしましょう。

というのも、同じ時期にいくつものリンクがつくとグーグルに怪しまれるからです。

ただ明確に3日に1つ、6日に2つなど決めるよりも思いついた時に当てるといったように良い具合に適当な方が、より自然なリンクになります。

アンカーテキストをばらす

リンクを当てる時のテキストをアンカーテキストといいます。

例えばこういったリンクを当てるとします。

ルレアプラスのレビューと特典【本気で実践しないと稼げない?】

これは僕のサイト内のページですが、この文章を「アンカーテキスト」といいます。

ようはリンクを当てる時の文字のことです。

グーグルもこの文章をしっかりと認識するので、あまりに同じテキストを使いすぎると不自然なリンクになります。

かといって、そのサイトに関係ない

⇒こちら

⇒参考になったサイト

といったアンカーテキストをつけるよりも、そのサイトが狙っているキーワードを含めてあげる方が被リンク効果が高くなります。

例えば育毛剤というキーワードであげたいサイトに被リンクをつける場合なら、

⇒育毛剤おすすめ

⇒育毛剤の選び方

といったようなアンカーテキストが理想的です。

なので、適度にキーワードを含めたもので、ばらしたものをアンカーテキストにするようにしましょう。

同じIPから当てすぎない

例えば無料ブログから被リンクを5本当てる場合は

アメーバブログから5本

よりも

アメーバブログ1本

SEESAAブログ1本

ライブドアブログ2本

FC2ブログ1本

といったようにサービスをバラした方が効果も高く、ペナルティリスクが低くなります。

というのも同じ無料ブログサービスはIPと言われるサーバーの管理が同じになるからです。

ようは同じところからいくつもリンクがあると不自然に見えるということです。

まとめ

外部SEO対策、被リンクの当て方について書いてきました。

色々と細かいことはあるのですが、要するに自然な形でリンクを当てると効果が高く、ペナルティを受けにくいということです。

なので被リンクを当てる時に迷ったら、「これは自然な形か?」と考えると良いです。

最初から完璧にするのは難しいので、徐々にレベルアップしていくようにしましょう。

無料メルマガコミュニティに参加する

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

99位から11位にまで順位を上げた外部SEOの話

NO IMAGE

上位表示しないサイトを修正して順位を上げる方法

NO IMAGE

上位表示しやすい商標名サイトの特徴とは?

無料ブログの被リンクは全て違う会社にした方が良い?

サイトを上位表示させる方法|被リンク?キーワード選定?

サイトの発リンクはマイナスになる?